Weekly Column

Home > Column | Weekly Column > 格信犯toto 和田拓也編

格信犯toto 和田拓也編

2012.02.26 UFC144 日本大会

和田拓也
2012.02.14
来たる2月26日、十数年振りに日本で開催されるUFC 144。それに伴い我々編集部も何か出来ないかと悩み、久しぶりにフリーペーパー「格信犯プレス第8号」を発刊することとなりました。その紙面を飾るメイン企画として、親交のある格闘家や関係者の皆さん数人に勝敗予想アンケートを送り、書きこんでいただきました。第三弾は元ウエルター級キング・オブ・パンクラシストの和田拓也選手の予想になります。それでは、どうぞ。

■メインイベント ライト級タイトルマッチ
[王者]フランク・エドガー
[挑戦者]ベンソン・ヘンダーソン

勝者予想(エドガー/KO勝ち)
コメント:UFC王者vsWEC王者の対決。やはりエドガーの方がフィジカルが一枚上と予想。日本のファンはエドガーをどれだけ知っているのか心配です。



■ライトヘビー級
ランペイジ・ジャクソン
ライアン・ベイダー 

勝者予想(ランペイジ/KO)
コメント:ベイダーのレスリング力はかなりのモノ。しかし日本のファンはランペイジの吠える姿が見たいはずです。



■ウェルター級
秋山 成勲
ジェイク・シールズ

勝者予想(シールズ/判定勝ち)
コメント:私はシールズのファンである。あのしつこい戦いかたが好きで、マネしようとよく研究した。15分秋山は何もできないと思う。この試合を見てまた勉強したい。



■ライト級
五味 隆典
光岡 映二

勝者予想(光岡/判定勝ち)
コメント:五味とはUFC初参戦前に練習もした。五味は連敗中。ここで負けたらリリースだと思う。今は光岡選手の方がモチベーションも実力も上と見ます。



■ミドル級
岡見 勇信
ティム・ボーシュ

勝者予想(岡見/KO勝ち)
コメント:岡見選手は王座挑戦敗北からの復帰戦。相手選手はよく知らないが、ここはキッチリ仕留めてくれると思います。しかし次々強豪が出てくるのがUFCの魅力。



■バンタム級
山本 徳郁
ヴァウアン・リー

勝者予想(キッド/KO勝ち)
コメント:これも絶対負けられない試合。日本大会なので、山本選手もいつもよりリラックスして戦え実力も発揮してくれると思います!




ー 和田拓也 (wada takuya) ー
Wikipedia | 和田拓也
1978年生。東京都大田区出身。SKアブソリュート所属。
2010年、SRC15ウェルター級GP準決勝敗退を最後に引退。
修斗ミドル級最高位:3位。
元ウエルター級キング・オブ・パンクラシスト
Twitterアカウント:@sk0214wadataku
[Track Back URL] [Column No.122]