Weekly Column

Hero's Eye

〜アテネオリンピック 男子柔道編〜

Hero
2004.09.17
 格信犯総合担当Heroがその日のヒーローを決めるべく、格信犯ブログで毎日UPされていたHero's eye 〜アテネオリンピック編〜。そのvol.1〜15の中から、前回の女子柔道に続き、今回は男子柔道についてのコラムを集め、なるべくその日の感情・情景を残しつつ、加筆・修正したものをお届けします。次回はレスリング編をお届けする予定です。お楽しみに。
2004年8月15日の日記より
60kg級:野村忠広選手の夫人葉子さん
 金メダルが決まった直後に、観客席のご両親の隣で号泣していた美人が葉子夫人です。復帰後の野村選手の体調維持には本当に神経を使っていたようです。実はこの葉子さん、ボクの中学の後輩でひとつ下の学年。あんな美人いたっけかなぁというカンジ。旧姓は酒井さんで、ふたりの出会いはコンパだそうな。
2004年8月19日の日記より
90kg級:泉浩選手の父親
 泉選手、惜しかったですねぇ!!女子柔道の上野選手が金メダルを決めた直後に登場した、22歳の若武者でしたが、不用意な大外狩りを裏投げ気味の大外返しで返されて、一本負けでした。
 この泉選手、小学校を卒業する12歳のときに、『オレに10年時間をください!!』とお父さんに直訴して単身上京したそうです。12歳ですよ?12歳。信じられません。12歳でそんなこと言えます?『ビックリマンチョコ買うから、お金ちょーだい!!』レベルでしたよ、ボクなんて。
 青森の漁師町で生まれた泉選手のお父さんは、その地の大部分がそうであるようにバリバリの漁師だそうで、その息子も跡を継いで漁師となるのが通例だそうです。もともと『漁師に柔道なんて必要ねぇ!』というお父さんで『10年で結果がでなかったら、きっちり帰ってきて漁師になれ!!』と約束していたらしいです。
 その約束の10年目が今回のアテネ。結果は銀メダルに終わってしまいました。これで泉選手も漁師になっちゃうのかぁ。。。と思っていましたが、お父さんは『よくやったと思う。北京五輪では金メダルを。。。』と。感動しましたよ、お父さん!!あんた、男だわ。
2004年8月20日の日記より
100kg級:井上康生選手
井上康生が敗れた。
去年の世界選手権では圧倒的な強さで連覇を果たし、誰もが対戦を嫌がる世界チャンピオンが、一日に二回も一本負けを喫した。
なぜ?
3月に怪我をした膝の完治が遅れたのか?
日本選手団主将という重責が過度のプレッシャーにつながったのか?
オーバートレーニング症候群という噂もあるが?
 様々な原因が紙面をにぎわせた。だが、それらはいずれも井上の口から出たものではなく、あくまでも憶測に過ぎない。膝以外にもどこかを怪我していたのかも知れない。本当に体調不良があったのかもしれない。だが、そんなことは彼は死んでも口にしないだろう。真実は井上自身が一番理解しているはずだから、もうそれでいいと思う。
オリンピック連覇の夢は破れた。
哀しすぎる事実だが、これもオリンピックなんだ。順風満帆であった柔道人生から、一気に奈落の底への転落。このどん底からの復活は、想像を絶する苦しみを伴うのではないだろうか。
『期待』というのは、時に残酷なものである。
2004年8月21日の日記より
100kg超級:鈴木桂司選手
とうとう柔道も最終日になってしまいました。
 最重量級ではソウル大会の斉藤仁以来、日本は金メダルが出ていません。ただ、まったく歯が立たないわけではなくバルセロナの小川直也やシドニーの篠原信一など惜敗続き。むしろ世界選手権では勝てているのでこれまでも十分チャンスはあったわけです。
で、今回の代表は鈴木桂司選手。
 国内では昨年の世界選手権100kg超級チャンピオンである中学時代から親友の棟田康幸と、誰より尊敬する先輩である井上康生を4月の全日本選手権で破って代表権を獲得した、言わば世界で一番の難関を突破してきた男です。(Hero's Eye「弟を王者に」参照)
 思い返せば本来-100kg級の選手であった鈴木は、第一次五輪代表選考会である3月の体重別選手権でまさかの敗退を喫し、一旦は地獄を見ました。そういう男はやはり強いんですかね。前日の井上の敗退や五輪には出れなかった棟田の思いを、すべて自分のパワーに代えての見事な金メダルでした。
[Track Back URL] [Column No.44]