Weekly Column

Hero's Eye

〜アテネオリンピック レスリング編〜

Hero
2004.09.24
 格信犯総合担当Heroがその日のヒーローを決めるべく、格信犯ブログで毎日UPされていたHero's eye 〜アテネオリンピック編〜。そのvol.1〜15の中から、前回の男子柔道に続き、今回はレスリングについてのコラムを集め、なるべくその日の感情・情景を残しつつ、加筆・修正したものをお届けします。
2004年8月24日の日記より
女子レスリング
 女子レスリングで、日本は出場した4階級すべてでメダル獲得という快挙を見せてくれました。全階級で金メダルをという期待も大きかったのですが、そのなかで見事に優勝した吉田選手、伊調馨選手は見事でした。
 決勝、準決勝でそれぞれ敗れた伊調千春、浜口両選手ですが、審判員の不手際が目に付きました。レスリングはビデオ審査が入るなどの公平な審査基準が履行されていますが、それ以前にレフェリー、ジャッジ陣の不可解な部分があったような気がします。。。
 女子レスリングは今回から公式競技として採用された歴史の浅いものですので、次回の北京大会ではこのような後味の悪い結果が繰り返されないように期待したいところですね。まぁ、それよりも日本選手陣とすれば、階級が世界選手権と同じ数になることを願っているのではないかと思いますが。日本国内には強い選手がまだまだいますからね。
アニマル浜口さん
 言わずと知れた、浜口京子選手のお父さんです。娘が敗退した直後にスタンドを乗り越えんばかりに暴れていた姿は、まさに往年のアニマル浜口そのものでした!!『浜口平吾』さんと言われてもあまりピンときませんでしたからね。今年のベストファーザー賞はほぼ確定ですな。?
2004年8月26日の日記より
男子レスリング:永田克彦選手
 シドニー大会では銀メダルを獲得した新日本プロレス所属の永田克彦選手ですが、残念ながら予選リーグで敗退。前回からひとつ階級を上げての参戦でしたが、残念な結果になりました。
 そういえば兄貴の永田裕志もアテネまで応援に来てましたけど、その存在感の薄さったら。。。アニマル浜口氏とは比べるまでもなく、どうなんでしょう、現役プロレスラーとして!!
 ま、話は逸れましたが、克彦選手は『このままでは終われない』と言っていましたが、プロレスに転向する必要なんてまったくないです。納得のいくまで競技生活を続けて欲しいものです。
[Track Back URL] [Column No.45]